月別アーカイブ: 2013年4月

第1回 FUJI-SAKURAぷろじぇくとMTG募集のお知らせ

公式イベントが発表されました。

以下引用します

――――――――――――――――――――――――――――――――――

きたる5/18(土)、第1回 FUJI-SAKURAぷろじぇくとMTGを開催いたします。
賞金あり!

第1回 FUJI-SAKURAぷろじぇくとMTG
開催日:2013年5月18日(土)
主催:SAKURAボードユーザ会
後援:富士通セミコンダクター株式会社 FUJI-SAKURAプロジェクトチーム
株式会社若松通商

趣旨:
当プロジェクトは、みんなで創るプロジェクト、です。
いきなり出来上がったベータ版基板を評価するのではなく、企画段階からユーザ会が先導し、開発環境・基板設計そのものを完全オープンのもと皆で創り上げていきます。
この半導体業界初の意欲的取組み、是非ふるってご参加ください!
ベータ版評価(プロデューサMTG)よりも前の段階の、ぷろじぇくとそのものをみんなで創る第一回目の会合です。
皆さんの夢や妄想を、ぜひふるって発表してください。
あなたはヒーローです!

当プロジェクトは、プロジェクトそのものをユーザ会が主導します。
自らをモチベートしわくわくする企画をユーザ会側が作ります。
ゆえに、基板企画自体もこれからです。
スケジュールもユーザ会が決めます。
これを機に、世界中のマイコンボードをSAKURA色に染め、1つの環境で開発出来るようにしてしまおうではありませんか!
という主旨で、5/18は基板企画案の発表会も含めた「FUJI-SAKURAぷろじぇくとMTG」といたします(まだプロデューサMTGではない)。

基板についてはガイドラインとして例となるブロック図を添付します。
実用性と面白さを兼ね備えた基板企画をお待ちしています。

fuji-sakura sample

GR-KURUMI発売記念に、来場者全員に量産版GR-KURUMIを無償進呈します。
粗品も用意いたします。

応募資格:
ぷろじぇくとの趣旨に賛同し、第1部・第2部で面白いプレゼンをしてくださるかた。
見学のみもOK!
懇親会目的でもOK!

場所:秋葉原
アキバNET館(予定)
http://akibanet-kan.com/access.html
応募者多数の場合は近隣の会場となる場合があります。

参加費:無料

本トピックで参加表明してください。
・プレゼン区分(第1部、第2部、両方、見学のみ)を明記してください。
・Interface誌2012年6月号基板付録号が欲しいかたにはすぐに無料進呈します(宅配)ので申告ください。
・関西連絡会にもお分けいたします。
・ちなみにこの日、GR-KURUMI量産版を発売開始します。
参加者全員にGR-KURUMI量産版を無料プレゼント致します。

<当日のメニュー>
12:30 受付開始(メイドさんからネームタグを受け取って下さい)
13:00 オープニング(司会:小暮)
トピック:GR-KURUMI量産版発売開始!
13:05 開会の言葉(今岡)
13:10 FUJI-SAKURAぷろじぇくと概要(小暮・坪井)

13:30~
第1部 FUJI-SAKURAぷろじぇくと妄想LTコンテスト(7分間ショートプレゼン)
・基板企画アイデア
・開発環境アイデア
・ぷろじぇくと構想アイデア
など自由。制作物は無くても可。あくまでもアイデア勝負。
大賞1名: 5万円を進呈
副賞1名: とっても素敵な賞品

15:00~

第2部
FUJI-SAKURAさくっと作っちゃいましたオレ流開発環境&ポーティング発表会
大賞1名: 10万円を進呈
副賞1名: 5万円を進呈
参加賞:  素敵な賞品

17:00~
FM-SAKURA(仮称)基板企画会議
1部・2部を通して輪郭の出来た仕様を真面目に整理。

17:30~ 懇親会・表彰式
缶ビール・ソフトドリンクとおつまみが出ます(参加費無料)
再びウクレレ登場!
飛び入り演奏大歓迎

19:30 解散予定

(時刻は変更になることがあります)

=======以後の開催予定===========
6/1 第2回 FUJI-SAKURAぷろじぇくとMTG 基板設計大賞(10万円)決定
7月初旬 基板ベータ版評価のためのプロデューサMTG開始

<詳細解説:第2部について>
ターゲットはInterface誌2012年6月号付録のFM3基板用の開発環境を構築しその出来栄えを競う発表会です。
(SAKURAボードユーザ会公認の開発環境候補を選抜するのが目的。)

5月18日大会当日に自前開発環境で
Lチカ(Blink.ino)程度のサンプルプログラムの
バイナリーを生成しターゲットボードで動作確認ができること

デモも含め15分程度(予定)のプレゼン資料を用意すること。
出品した作品はオープンソースにすること。(github等で公開すること)
統合的な開発環境でなくとも、
プリプロセッサ、ライター(プログラマー)、ブートローダー、デバッガー、エミュレータ(シミュレータ)など
開発フェーズで使う単体ツールの出品でも可。
もちろんコンパイラ環境だけでなくインタープリター言語やシミュレータ系も大歓迎。
本発表会は基本的に個人参加ですが、今後の成り行きで仲間を募集するのは可。

参加者全員で以下の項目で審査を行い各大賞を決定する。
レーティングは後ほど通知する。
・オープン性(オープンソースの資産をどの程度活用しているかまた出来上がった作品のソースをどの程度開示できるか)
・おバカ度(突き抜けているところ、尖っているところ、はじけているところ、
妄想に取り付かれていること、とんでもない勘違いや才能の無駄遣いをしていることなど)
・オリジナル性(作品のユニーク度)
・将来性(今後のSAKURAボードでもその資産を共有できるか?)
・実用性
・使いやすさ、親しみやすさなど

以上多数のご応募をお待ちしております。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

参加はこちらから(要ログイン)
http://sakuraboard.org/communityEvent/5

 

[2013.5.8] 追記

関西でも同時開催が決定しました!
http://sakuraboard.org/communityEvent/7